SPF?PA

  日焼け止めに表記されてる【SPF】と【PA】

何?って感じですよね。

  まず、紫外線には「UVA」と「UVB」があります。

  • シワ・たるみの原因になるのが「UVA」
  • シミ・そばかすの原因になるのが「UVB」

そこで、「UVA」から肌を守ってくれる指標が【PA】

「UVB」から肌を守ってくれるのが【SPF】

【PA】

日本での最大値が++++

色素沈着を起こすまでの時間を+は2〜4倍、++は4〜8倍

+++は8〜16倍、++++は16倍以上引き延してくれます。

【SPF】

日本で最大値が50+
日常生活では30以上でも充分効果があります。

簡単に言うと紫外線を浴びた際に赤くなる時間をどれだけ引き延ばせるかの指標です。

例えば、15分くらいで赤くなるようであればSPF30の場合、15×30で450分=7時間30分くらい紫外線からカバーしてくれます。

SPF50だと15×50で750分=12時間30分くらいです。

じゃあ高いほうが良いじゃんって思うかもしれませんが

数値が高いほど肌に対する負担も大きいので、海とか外でスポーツする時にそちらを利用して

普段は数値の低いものをこまめにつけるのが効果的です。
  
これはSPF23PA++なのでオススメですよー

ちなみにスプレータイプで髪にも肌にも使えます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中